トイトイが乳製品を使わない理由

乳製品の話に関しては他の食品以上に意見が分かれる内容が多いです。
これは色んな文献や研究結果がある中で、私なりの考えをまとめた感じで書いています。

【乳製品は嗜好品】
私は乳製品はあくまでも嗜好品だと思っています。
日本人は穀物、野菜、魚を中心とした食生活をしてきた文化でもともと乳製品は食べてこない文化でした。

【身土不二の考え方】
話がちょこっとそれますが、人種それぞれの身体の作りという点でも身土不二の考え方は通じるところがあると思っています。

まず身土不二とは、人間の身体と人間が暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉です。
大昔の仏教の教えに由来している言葉で、現代では「その土地のものを食べ、生活するのが身体に合っている」という意味で使われています。

まず、個人的な考えですが、日本人はもともと乳製品を摂らなくても健康に過ごせる身体の構造になっています
現代栄養学では牛乳は「完全食」「カルシウム豊富」と言われています。

でも、完全食という点では玄米、カルシウムを効率よく補うという点では小魚や海藻、野菜など。
というように日本人が大昔から食べてきた身近な食材でも十分補えると考えています。

実際、乳糖不耐症という乳成分を消化する体の中の酵素が少なく、乳製品を摂ると下痢や腹痛を起こす日本人は多いと言います。
そして日本人に乳製品アレルギーが多いのも特徴だと思います。
喘息やアトピー、そして慢性的な不調は乳製品を控えたら症状が改善した。というお話もよく聞きます。

給食で毎日牛乳を飲むのも、戦後のアメリカの政策や現代栄養学で一回の給食に必要な栄養素の計算上、手間なく手軽に用意できる食品との観点で出されているという話もあります。

なので、私にとって乳製品は「摂らなければならないもの」ではなく「無理に摂る必要のない嗜好品」という考え方です。

【動物福祉や環境問題】
乳製品に限らず、動物性食品を食べると言うことは動物の犠牲のもとに成り立っていると言うこと。
そして環境問題・世界の飢餓の問題に繋がっている事もあることを常に頭の片隅にでも置いておく事が大切だと思っています。

畜産を否定している訳ではなく、必要以上に摂取したり廃棄したりしない。
そして、買い物は投票と同じなので、動物性食品を購入する時は動物が心身共に健康に環境で育った物を選ぶようにしたいと思っています。

 

お買い物ガイド

お支払い方法
  • ■ 銀行振込
  • ■ 代金引換
  • ■ クレジット決済
お支払いについての詳細はこちら
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 送料は地域によって異なります。下記の送料・配送についての詳細からご確認ください
  • ■ 発送について
  • 通常、ご注文・ご入金から7日以内を目安に発送させていただきます。
  • 時間帯を指定していただけます。
送料・配送についての詳細はこちら
返品について

不良品・誤納品に限り返品、交換対応いたします。商品ご到着3日以内にご連絡ご連絡の上、着払いにて商品を返品して下さい。お客様都合での返品はお受けできません、あらかじめご了承ください。

返品についての詳細はこちら
お問い合わせ